あさイチでやってた発酵食品を使った腸活についてまとめてみました。

あさイチで腸活について放送してたのでまとめてみました。

2021/06/07 NHK総合 【あさイチ】

長引くコロナ禍・体調が乱れがちなあなたへ
コロナ禍で抱えるストレスや運動不足。
不規則な生活が続き体調は乱れがち。発酵食品で腸活。

大切なのは「大腸」で発酵させること。

善玉菌は私たちが食べた食物繊維をエサとして分解する際
白いモヤようなものを出す。これを発酵という。

白いモヤの正体は短鎖脂肪酸。
これがすごいパワーを秘めている。
血管を通して隅々まで行き渡ることで肥満を防止し、血糖値を下げ、免疫機能を正常化させる。体にいい効果をもたらす。

短鎖脂肪酸を生み出す善玉菌の大好物が「発酵性食物繊維」

ゴボウや玉ねぎ根菜類、キウイ、大豆、玄米や大麦などの穀物が腸の中で発酵を促す食物繊維として見なおされている。

菊地亜美が「発酵性食物繊維」を10日間チャレンジ。
大妻女子大学教授・青江誠一郎さんが解説。

お腹にいる善玉菌が作るものヨーグルトだけでは足りない
菌の補充にはなるが、数日で通過してしまう。今居る善玉菌に餌をあげる方が効率的。

菊池亜美 妊娠後便秘で悩んでおり、便秘と緩くなるを繰り返してる。食事も朝昼兼用不規則

実は野菜ってそれほど食物繊維が多くない

食物繊維が一日数グラムしか取れてない
餌が足りてない証拠

発酵性食物繊維がとれるスペシャルボウル
オートミール15グラム キウイ二分の一個
小麦ふすまのシリアル 15グラム ヨーグルト100 グラム

パンかご飯の代わりに朝食べると4時間後から発酵 10時間以上発酵が続く
生活している間に短鎖脂肪酸が出続けるので朝食で食べるのが一番効果的

腸内発酵のメリット「肥満を防ぐ」「 免疫を上げる」

短鎖脂肪酸は血管を通して隅々まで行き渡ることで肥満を防止し、血糖値を下げ、免疫機能を正常化させる。

短鎖脂肪酸の肥満を防ぐ効果について

肥満とは脂肪細胞が血管を流れる脂肪などを取り込み続けることで細胞自体が大きくなる減少。これが繰り返されることで人は太ってしまう。

腸から吸収された短鎖脂肪酸が血流によって全身にめぐると脂肪細胞に働きかけて適正なバランスをとるよう指令を出し、過剰な栄養を取り込むのを抑えるようになる。短鎖脂肪酸は余分な脂肪などの消費を促す働きもする。

全身の筋肉細胞などに働きかけてエネルギーの消費を高める指令を出すことで、食べ過ぎを抑えられる。インスリンが出て生活習慣の予防にもいい

腸内発酵のメリット「免疫」にもよい影響が…
短鎖脂肪酸は血管を通して隅々まで行き渡ることで肥満を防止し、血糖値を下げ、免疫機能を正常化させる。

外から入ってくるウイルスや寄生虫などの外敵との戦いが常に起きているが、戦うのは免疫細胞。

免疫細胞のブレーキ役を果たすのが制御性T細胞。
過剰に炎症物質を出すのをやめさせて正常な働きに戻す。

制御性T細胞は酪酸によって増えることがわかってきた。

腸内細菌は出産時に母親から子どもへ受け継がれるもの。母親が酪酸を生み出す菌をもっていると、子どもや孫も多くもって生まれていく。

アラビノキシランを多く摂取する習慣がないと酪酸を生み出す菌が減る。

アラビノキシラン
小麦や玄米、大麦に多い
糖質離れで摂取が減少気味?

全粒粉パンのさば缶サンド

「小麦ふすまのおやつ」を紹介していました。

食物繊維を積極的に取ることが大事ということですね。

こんにゃく250グラムで2グラムほどあるので積極的に活用していくようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!