歯応えがたまらない奈良の上杉こんにゃく

よくお酒を仕込むには美味しい水が必要と言われますが、使う水分は8割。
こんにゃくは97パーセントが水分ですから水が美味しくないといけないわけです。

吉野川の恩恵を受けつつこんにゃくを作っているわけですが、もう一つのこだわりは噛み応えある食感。試食してもらうと多くの方から美味しいと言ってもらえます。

製造過程に企業秘密があるので詳しくはいえないのですが、こんにゃくの風味を残しているのが美味しさの特徴。 国産100パーセントのこんにゃく芋と最高ランクの特等粉のこんにゃく粉を使っているので、きめが細かい喉越しと美味しい食感を兼ね備えるこんにゃくができます。

一度食べて貰えばわかると思います。是非一度お試しくださいませ。

最新情報をチェックしよう!