こんにゃく芋の成分 認知症の予防に「効果あり」

先日母親があんたが好きなこんにゃくって健康に効果あるんやなと言ってたので調べてみるとテレビ朝日の夕方のニュースで放送されたようですね。

こんにゃく芋の成分 認知症の予防に「効果あり」

テレビ朝日系(ANN)

以下引用

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c02add22fa2749787ea6e22bec86dd73339166f

北海道大学大学院は「こんにゃく芋」などに含まれる成分を食べることでアルツハイマー病の予防に効果があるとする研究結果を公表しました。

北海道大学大学院先端生命科学研究院・湯山耕平特任准教授:「グルコシルセラミドを食べた人はアルツハイマー病の原因物質の脳内濃度が減少するというデータが得られている」

「グルコシルセラミド」とは、こんにゃく芋に多く含まれるほか、化粧品などにも使われている成分です。

湯山特任准教授によりますと、この成分はアルツハイマー病の原因とされる脳内に蓄積して認知機能を低下させる有害なたんぱく質を減らす働きがあるということです。

これまでマウスでの実験は行われていましたが、今回、ゼリーに混ぜたセラミドを60歳から80歳の男女が半年間食べる実験を行ったところ、人間にも効果があることを初めて発見しました。

ただ、加工されたこんにゃくにはセラミドはほとんど含まれていないということです。

日本には約600万人の認知症患者がいるとされ、そのうち7割ほどをアルツハイマー病が占めています。 高齢化が急速に進むなか、新薬開発などにつながることが期待されます。

こういうニュースで確認すべきなのは一時情報。北海道大学でリリース見つけられなかったので調べてみるとこちらのリリース由来のようですね。

認知症予防にはこんにゃく由来グルコシルセラミドが効果的 ~植物セラミドでヒト脳内アミロイドβ蓄積抑制を確認~
https://www.atpress.ne.jp/news/273191

よくありそうな製造会社発の推奨かと思ったら株式会社ダイセルとの共同研究なんですね。

加工されたこんにゃくにはグルコシラセラミドがほとんど含まれていない理由は?

結論から言いますと市販商品でも芋こんにゃくならグルコシラセラミドは入ってる場合が多いです。

弊社商品は確実)⬆︎

通常のこんにゃくで使われることが多いこんにゃく粉には入ってません。というのもこんにゃく芋の皮にセラミド成分が含まれるので、芋をすりつぶしてない場合はセラミドがないということになります。

1300年に中国から伝来し、長年日本でも食されて、現在にも残っているということには意味があるということですよね。(噛み締める温故知新 )

毎食とは言いませんが、1日一度は摂取することを意識してみましょう。

上杉食品のお取り寄せはこちらです。

上杉こんにゃく オンラインショップ

 

 

最新情報をチェックしよう!