根気がなくなったら、こんのつくものを食べよ

11月17日はレンコンの日ということでTwitterでも紹介しましたが、こちらで深掘りしたいと思います。

メンタル心身の力や根気がなくなってしまうことを「精根尽きる」と言いますが、疲れが溜まると集中力がなくなり、メンタルや根気や気力も失われていきます。こんな時には、「コン」のつくものを食べると良いということが昔から言い伝えられてきました。

「コン」のつく食べ物とは、ダイコン、レンコン、ゴンボウ(ゴボウ)などで、食物繊維が多く含まれている根菜類です。

こんにゃくは体の砂払いと言われるように食物繊維には体内を浄化する作用があり、咀嚼が増えることで身体の血行も良くなることで代謝もアップし、疲労も消えていく効用があります。さらに食物繊維には腸内環境を整える作用もあり、コレステロールや糖質の吸収を抑える効果もあります。

こんにゃくはマイナーな食べ物ですが、奈良時代から生き残ってる食材でもあります。

あなたも疲れが溜まってきたら、バランスの良い食事と「コン」のつくもので体調を整え、根気を補充してみてはいかかですか?

 

最新情報をチェックしよう!