野菜ジュースに効果はあるのか?

野菜ジュースには栄養がないって聞くけど、実際はどうなのか?

市販されてる野菜ジュース 栄養的に意味があるという意見と加熱処理してることで栄養素がなくなってるという意見が混在しております。

個人的に自分でジューサーしないと栄養が残ってないと考えてたんですが、興味深いコラムが掲載されておりました。

Medical DOC(メディカルドキュメント)

気軽に野菜が摂れて、健康志向の人に人気の野菜ジュース。しかし、野菜ジュースには「栄養が残っていない」という噂もあります。…

要約すると

リコピンやβ-カロテンなどは、生野菜から摂るよりも野菜ジュースから摂る方が、逆に身体への吸収率がアップします。また、カリウムやマグネシウムなどのミネラル類も加工前とほとんど変わりません。

栄養が失われるというのはビタミンCや食物繊維など、製造過程で減ってしまう栄養素もあるのが原因。ビタミンCや葉酸、ビオチンなどの水溶性ビタミンは水に溶けやすく、熱に弱い性質があるので、加工による栄養素の損失率が高い傾向。口あたりをよくするために不溶性食物繊維を取り除く場合が多いので、食物繊維も減ってしまっています。

野菜ジュースは、加工前より減っている栄養素も多いので、野菜そのものを食べるときと同等の栄養素は摂取できないと考えた方がいいでしょう。そのため、野菜ジュースはあくまでも、食事の補助として取り入れることをおすすめします。外食ばかりで野菜のメニューが少ないと感じたときに、野菜ジュースを普段の食事にプラスするといいでしょう。すべての栄養素は補えませんが、飲まないよりは健康効果が期待できます。

野菜ジュースは毎日飲んでも大丈夫ですが、1日1本(200ml)程度がいいでしょう。商品によっては果物などの糖分が多い食材を使用しているので、飲みすぎると糖分の摂りすぎになることもありますので注意が必要です。

果物って糖分や糖質が多いので逆効果な面もあります。

あくまでも野菜食べれない時の補助と考えべきでしょうね。

野菜ジュースに効果はあるのか?
最新情報をチェックしよう!